中国電力が西日本全域での電力小売り参入へ

2014年11月20日


「中国電、西日本全域で販売」――。2014年9月27日付け日本経済新聞朝刊(14版)の1面にこんな見出しが踊った。

中国電力は2016年4月に予定される電力の全面自由化に合わせて、自社の余剰電力を送電線網を使って隣接する関西電力や九州電力、四国電力の管内の家庭に販売するという。

これは、慎重な姿勢を崩してこなかった大手電力会社間の本格的な競争の始まりを告げる号砲と言える。

2014/11/18 日経テクノロジーonline

中国電力が西日本全域への電力小売り開始か

中国電力が現在の販売地域である中国地方を超えて、

西日本全域への電力小売りを開始する考えを明らかにしました。

前回の記事で、九州電力の首都圏への電力小売り参入を紹介しましたが、

今回の記事も、電力自由化によって電力小売りマーケットの競争が激化することを明らかにしています。

域外への供給自体は目新しいことではない

実は、すでに東京電力が中部電力や関西電力の管内で、

また、中部電力や関西電力が関東圏での電力販売を始めるなど、

域外での電力販売は、すでに始まりを見せているものでした。

しかし、これらの供給は、それぞれの電力会社の子会社である新電力が、本社の域外で調達した電力を供給する形をとっていました。

中国電力が始める域外への直接供給は影響大

一方で、今回中国電力が明らかにしたのは、子会社を通じた供給ではなく、本体の発電所で発電した電力を域外に直接供給するということでした。

これは、域外販売が可能になる電力量などを考えると、電力自由化による本格的な競争を誘発するものとなる可能性が高いそうです。

いよいよ電力自由化による影響が拡大してきたように見えます。これからも引き続き、動きを追っていきたいですね!

 

関連記事一覧

【体験談】電気代を朝・夜安く・・・

電力会社のホームページを見てみると… 電気代の支払 ...
続きを読む→

7.5兆円の電力自由化市場、・・・

2016年4月にスタートする電力の小売全面自由化を控え、新電力各社の取 ...
続きを読む→

スマートメーターの設置が進む・・・

全国で8000万以上の家庭や企業にスマートメーターを導入する計画が着々 ...
続きを読む→

「新電力」参入相次ぎ、年内1・・・

大手電力会社以外で電力を小売りする「新電力」が増えてきた。 7月 ...
続きを読む→

J-POWER 火力発電所を・・・

J-POWER(電源開発)は1967年から広島県の竹原市で「竹原火力発 ...
続きを読む→

水力発電所、再評価で出力増加

国内には古くから稼働を続ける大規模な水力発電所が数多くあり、長年のあい ...
続きを読む→

東急電鉄が電力小売事業へ参入

東京急行電鉄は2016年をめどに全面自由化される家庭用電力小売り事業に ...
続きを読む→

昨年の夏の家庭の節電実績は…・・・

環境省は、2012年夏期の家庭における節電・CO2削減行動について、イ ...
続きを読む→

新電力急増中!200社に迫る

2016年の電力小売りの全面自由化をにらみ競争が本格化する。 大 ...
続きを読む→

家族みんなで電気料金をお得に・・・

毎年夏と冬になると、節電を呼びかけるポスターやCMなどをよく見かけます ...
続きを読む→