中国電力が西日本全域での電力小売り参入へ

2014年11月20日


「中国電、西日本全域で販売」――。2014年9月27日付け日本経済新聞朝刊(14版)の1面にこんな見出しが踊った。

中国電力は2016年4月に予定される電力の全面自由化に合わせて、自社の余剰電力を送電線網を使って隣接する関西電力や九州電力、四国電力の管内の家庭に販売するという。

これは、慎重な姿勢を崩してこなかった大手電力会社間の本格的な競争の始まりを告げる号砲と言える。

2014/11/18 日経テクノロジーonline

中国電力が西日本全域への電力小売り開始か

中国電力が現在の販売地域である中国地方を超えて、

西日本全域への電力小売りを開始する考えを明らかにしました。

前回の記事で、九州電力の首都圏への電力小売り参入を紹介しましたが、

今回の記事も、電力自由化によって電力小売りマーケットの競争が激化することを明らかにしています。

域外への供給自体は目新しいことではない

実は、すでに東京電力が中部電力や関西電力の管内で、

また、中部電力や関西電力が関東圏での電力販売を始めるなど、

域外での電力販売は、すでに始まりを見せているものでした。

しかし、これらの供給は、それぞれの電力会社の子会社である新電力が、本社の域外で調達した電力を供給する形をとっていました。

中国電力が始める域外への直接供給は影響大

一方で、今回中国電力が明らかにしたのは、子会社を通じた供給ではなく、本体の発電所で発電した電力を域外に直接供給するということでした。

これは、域外販売が可能になる電力量などを考えると、電力自由化による本格的な競争を誘発するものとなる可能性が高いそうです。

いよいよ電力自由化による影響が拡大してきたように見えます。これからも引き続き、動きを追っていきたいですね!

 

関連記事一覧

6月も値上げ?!電気料金値上・・・

電力や都市ガスは、原燃料価格を料金に反映する原燃料費調整(燃調)制度に ...
続きを読む→

家族みんなで電気料金をお得に・・・

毎年夏と冬になると、節電を呼びかけるポスターやCMなどをよく見かけます ...
続きを読む→

新電力の伊藤忠エネクスが電力・・・

来年4月から家庭向け電力小売事業に参入する伊藤忠エネクスは、電力と通信 ...
続きを読む→

太陽光発電の限界?猛暑の九州・・・

今月8日の梅雨明け以降、猛暑が続く九州。 東日本大震災後、3度目 ...
続きを読む→

小水力発電:環境負荷の少ない・・・

 スマートジャパン 2013年04月12日 電力供給サービス:ダ ...
続きを読む→

電力自由化に伴う業務の専任組・・・

日本オラクル株式会社は25日、電力業界向けシステムへの新たな取り組みを ...
続きを読む→

東京電力から「新電力」へ 乗・・・

企業などの大口電力利用者が、東京電力など既存の電力会社から「新電力」へ ...
続きを読む→

メガソーラー開発着手へ 総合・・・

丸紅は北海道東部の4カ所に合計3MWのメガソーラーを立ち上げると発表し ...
続きを読む→

ドイツが電力の50%を風力発・・・

また1つドイツが再生可能エネルギーの記録を作った。 ドイツのシン ...
続きを読む→

電力自由化への3ステップ

電力自由化が閣議決定 以前、政府方針発表: 202 ...
続きを読む→