【法人向け】事務所や工場での基本的な節電方法

2015年06月23日


今回は事務所や工場といった、法人向けの節電方法をご紹介します。

電気の基本料金を下げて節約

電気料金を下げる方法として、まず基本電気料金を下げる方法があります。これは、契約電力によって決まってきます。

最大需要電力から契約電力を算出するのですが、昼間のある時間だけ電気をたくさん使えば、この時の値は高くなりますので、それに応じた契約電力になります。

したがって、なるべく電気を平準化して使用することで、この最大需要電力を下げることが出来ますので、これにより契約電力も下げることが出来ますので、基本料金が下げられ電気代の節約になります。

照明の電気の使用量を減らして電気代節約

電気料金は基本料金と、使用料金に分けられます。使用料金は、文字通使った分だけを払いますので、なるべく電気使用量を下げることが電気料金に削減につながります。

事務所や工場でかなりのウエイトを占めているのが照明や空調です。

照明は、事務所でしたら蛍光灯、工場には水銀灯がよく使われていますが、電力を多く使いますので、LED等の省エネ製品に交換することをお勧めします。

400wの水銀灯でしたら、135w程度のLEDで同程度の照度を保つことが出来ます。電力が1/3になりますし、最近はかなりLEDも値段が下がってきていますので、初期投資費用を見てもかなりお値打ちだと思います。

空調の電気の使用量を減らして電気料金節約

照明とならんで電気使用量が多い空調ですが、最近の空調機はかなり省エネになっています。10年以上前の製品を使っていましたら、これを更新するだけで電気代の節約になります。

また、室外機にすだれをかけたりして、日が直接当たらないようにするのも、空調機の負荷が少なくなり、電力削減に効果的です。室外機を冷やすという方法もあり、室外機のフィンの部分に水をかけるのも、かなり効果があります。

かけっぱなしでは水道代がかかりますが、間欠でシャワーリングをすることで、室外機もほどよく冷え、室外機の負荷も軽減され、約10%は電気代は削減されます。

関連記事一覧

電力自由化への3ステップ

電力自由化が閣議決定 以前、政府方針発表: 202 ...
続きを読む→

丸紅、F-Power子会社買・・・

丸紅は10日、新会社「丸紅電力」を設立し、火力発電事業に参入したと発表 ...
続きを読む→

電力自由化の第一ステップ「広・・・

これから電力市場を改革するためのプロセスが3段階で進んでいく。 ...
続きを読む→

7.5兆円の電力自由化市場、・・・

2016年4月にスタートする電力の小売全面自由化を控え、新電力各社の取 ...
続きを読む→

電力会社を簡単に変更!スイッ・・・

2016年4月に実施する小売の全面自由化に向けて、利用者が簡単に契約を ...
続きを読む→

10月の電力量:原子力ゼロ?・・・

電気事業連合会が発表した10月の発受電電力量(速報)は、電力10社合計 ...
続きを読む→

【法人向け】事務所や工場での・・・

今回は事務所や工場といった、法人向けの節電方法をご紹介します。 電気 ...
続きを読む→

電気料金をお得にする3つの方・・・

消費電力を抑える方法 はじめに節電の基本である消費 ...
続きを読む→

電力小売り完全自由化へ改正電・・・

家庭向けを含めた電力小売りを2016年に完全自由化する改正電気事業法が ...
続きを読む→

電力2割削減:BEMS(ビル・・・

日本経済新聞電子版 2013/4/11 複数の建物のエネルギー消 ...
続きを読む→