石炭火力発電の効率を上げると、大きなCO2削減に?!

2013年04月23日


 スマートジャパン 2013年04月16日

石炭は資源量が4000億トン以上と多く、熱量当たりの単価が石油に比べて安価だ。2008年時点では熱量当たり、石油の3分の1、天然ガスと比較しても2分の1であり、コストパフォーマンスがよい。さらに資源が世界各国に広く分布しており、カントリーリスクの影響を受けにくい。可採年数も2011年時点で100年以上と長い。石炭は化石燃料の優等生だといえるだろう。

このような背景から、日本の石炭輸入量は増加し続けており、2011年には年間1億500万トンに上った。日本の1次エネルギー供給に占める割合は高まり続けており、2010年時点で22.3%だ。

大量に使われている石炭火力発電の効率が、もし1ポイントでも改善できれば、多大な電力コスト削減につながることが分かる。これが石炭火力発電に対する研究開発が必要な第1の理由だ。研究開発が必要な理由はもう1つある。石炭火力は発電量1kWh当たりに排出するCO2の量が他の化石燃料よりも多い。これは大きな欠点だ。

  • 石炭火力発電のメリット・デメリット

コストパフォーマンスが良く、資源量も豊富な石炭は、化石燃料の中では大量に使用されています。

一方で、石炭火力は、他の化石燃料より発電量当たりに排出するCO2の量が多くなっています。

 

  • 石炭火力発電の効率性

もし、この石炭火力発電の効率をあげることが出来れば、CO2の大きな削減につながります。そしてそのための方法はいくつか考えられているようです。

私たちが電力会社や電気事業者を選ぶ際も、発電量当たりに排出するCO2の量などを鑑みて、環境に配慮するのもひとつの選択肢となりそうですね。

 

関連記事一覧

九州電力が首都圏での電力小売・・・

九州電力が、首都圏での電力小売事業に参入する方針が固めたことが、30日 ...
続きを読む→

「ガス」自由化も?電力自由化・・・

様々な事業者の参入を促し供給力を高め、競争を通じて割高な料金を下げる。 ...
続きを読む→

トヨタやホンダが「電力会社」・・・

昨年9月の東京電力による電気料金値上げに続き、関西電力、九州電力は今年 ...
続きを読む→

メガソーラー開発着手へ 総合・・・

丸紅は北海道東部の4カ所に合計3MWのメガソーラーを立ち上げると発表し ...
続きを読む→

東京電力「新料金プラン」で電・・・

東京電力の新料金メニューには、電力小売りの全面自由化後に起こる業種や地 ...
続きを読む→

【体験談】古い家電を新しくし・・・

古い家電は電気代が高い テレビで節約術に関するテレ ...
続きを読む→

効果的な節電方法と無理をしな・・・

太陽光発電を利用する 節電、電力会社からの電気を極 ...
続きを読む→

電力会社を簡単に変更!スイッ・・・

2016年4月に実施する小売の全面自由化に向けて、利用者が簡単に契約を ...
続きを読む→

電気事業法改正案が今国会中に・・・

民主党の細野豪志幹事長は25日、政府が提出した、電力システム改革のため ...
続きを読む→

東京都の300施設、東京電力・・・

東京都は今秋をめどに、都の所有する約三百施設の電力契約先を東京電力から ...
続きを読む→