石炭火力発電の効率を上げると、大きなCO2削減に?!

2013年04月23日


 スマートジャパン 2013年04月16日

石炭は資源量が4000億トン以上と多く、熱量当たりの単価が石油に比べて安価だ。2008年時点では熱量当たり、石油の3分の1、天然ガスと比較しても2分の1であり、コストパフォーマンスがよい。さらに資源が世界各国に広く分布しており、カントリーリスクの影響を受けにくい。可採年数も2011年時点で100年以上と長い。石炭は化石燃料の優等生だといえるだろう。

このような背景から、日本の石炭輸入量は増加し続けており、2011年には年間1億500万トンに上った。日本の1次エネルギー供給に占める割合は高まり続けており、2010年時点で22.3%だ。

大量に使われている石炭火力発電の効率が、もし1ポイントでも改善できれば、多大な電力コスト削減につながることが分かる。これが石炭火力発電に対する研究開発が必要な第1の理由だ。研究開発が必要な理由はもう1つある。石炭火力は発電量1kWh当たりに排出するCO2の量が他の化石燃料よりも多い。これは大きな欠点だ。

  • 石炭火力発電のメリット・デメリット

コストパフォーマンスが良く、資源量も豊富な石炭は、化石燃料の中では大量に使用されています。

一方で、石炭火力は、他の化石燃料より発電量当たりに排出するCO2の量が多くなっています。

 

  • 石炭火力発電の効率性

もし、この石炭火力発電の効率をあげることが出来れば、CO2の大きな削減につながります。そしてそのための方法はいくつか考えられているようです。

私たちが電力会社や電気事業者を選ぶ際も、発電量当たりに排出するCO2の量などを鑑みて、環境に配慮するのもひとつの選択肢となりそうですね。

 

関連記事一覧

電力・ガス全社値上げへ?!

NHK NEWS web 12月26日 電力会社10社と大手都市 ...
続きを読む→

「新電力」参入相次ぎ、年内1・・・

大手電力会社以外で電力を小売りする「新電力」が増えてきた。 7月 ...
続きを読む→

「ガス」自由化も?電力自由化・・・

様々な事業者の参入を促し供給力を高め、競争を通じて割高な料金を下げる。 ...
続きを読む→

電力会社を中心とした原発安全・・・

訪米中の茂木敏充経済産業相は3日(日本時間4日)、ワシントンで講演し、 ...
続きを読む→

電力を変えてみたい人「64%・・・

来年四月の電力小売り全面自由化を控え、博報堂が実施した全国調査によると ...
続きを読む→

九州電力が首都圏での電力小売・・・

九州電力が、首都圏での電力小売事業に参入する方針が固めたことが、30日 ...
続きを読む→

原子力発電所廃炉も?北陸電力

日本海に面した能登半島の石川県羽咋郡志賀町に位置する志賀原子力発電所。 ...
続きを読む→

【体験談】電気代を朝・夜安く・・・

電力会社のホームページを見てみると… 電気代の支払 ...
続きを読む→

中国電力が西日本全域での電力・・・

「中国電、西日本全域で販売」――。2014年9月27日付け日本経済新聞 ...
続きを読む→

電力会社8社、2013年3月・・・

原子力発電所の停止で代替火力発電の費用が膨らみ、電力会社の経営を苦しめ ...
続きを読む→