電力会社を簡単に変更!スイッチング支援システムとは?

2014年08月15日


2016年4月に実施する小売の全面自由化に向けて、利用者が簡単に契約を変更できる仕組みの整備が進んでいる。

小売電気事業者と送配電事業者を連携する「スイッチング支援システム」によって、利用者は新しい小売電気事業者に申し込むだけで変更手続きを完了できるようになる。

2014年08月13日 スマートジャパン

  • 電力会社の契約を変更するのは大変?

2016年に電力の小売りが自由化されると、私たち利用者は自由に電力会社を選ぶことができるようになります。

その際考えなければいけないのが、「契約の変更」についてです。

例えば携帯電話の契約を変更することを考えてください。

まず今使っている携帯電話の解約を連絡して、新しく契約する通信会社に連絡をとって、でも電話番号は変えたくないからその手続きもして…と、ちょっと面倒ですよね。

電力会社の変更の際にも、煩雑な手続きが起こりそうなことは予想できそうです。

  • 電力会社の契約変更を支援!スイッチング支援システムとは?

そこで考えられたのが「スイッチング支援システム」です。

このスイッチング支援システムは、2015年4月から業務を開始する「電力広域的運営推進機関」が開発して、小売の全面自由化が始まる2016年4月に合わせて運用が開始される予定です。

このシステムを使用すると、私たち利用者は新たに契約する小売電気事業者に申し込むだけで、現在の事業者との契約変更も済ませることができるようになります。

つまり、先ほどの携帯電話の例で考えると、新しい通信会社に契約を申し込むだけで、前の通信会社の契約終了手続き等は自動で行ってくれるということです。

  • 自由に電力会社が選べる世の中へ

このスイッチング支援システムがあれば、私たちも簡単に自分に合った電力会社を選ぶことができるようになります。

2016年の電力自由化がますます楽しみになりますね。

関連記事一覧

電力自由化の第一ステップ「広・・・

これから電力市場を改革するためのプロセスが3段階で進んでいく。 ...
続きを読む→

電力会社9社株主総会、東京電・・・

東京電力や関西電力などの電力会社9社は26日、定時株主総会を開催した。 ...
続きを読む→

新電力ネットワーク構築へ、エ・・・

新電力の支援を手掛けるエナリスは2016年の電力小売り全面自由化に合わ ...
続きを読む→

太陽光発電の限界?猛暑の九州・・・

今月8日の梅雨明け以降、猛暑が続く九州。 東日本大震災後、3度目 ...
続きを読む→

水力発電所、再評価で出力増加

国内には古くから稼働を続ける大規模な水力発電所が数多くあり、長年のあい ...
続きを読む→

電気料金が最高値に!電力会社・・・

全国の電力10社は30日、原燃料費調整制度(燃調)に基づく9月の電気料 ...
続きを読む→

10月の電力量:原子力ゼロ?・・・

電気事業連合会が発表した10月の発受電電力量(速報)は、電力10社合計 ...
続きを読む→

【体験談】古い家電を新しくし・・・

古い家電は電気代が高い テレビで節約術に関するテレ ...
続きを読む→