家族みんなで電気料金をお得に節電を楽しもう!

2014年06月9日


毎年夏と冬になると、節電を呼びかけるポスターやCMなどをよく見かけます。

8割の家庭が節電を意識していると答えていますが、実際には子供やパパは無関心という家庭も多いのです。

そこで今回は、家族を巻き込んで節電にチャレンジする方法をご紹介します。

  • まずはテレビ・冷蔵庫・照明から

実は、家庭の消費電力の7割をテレビ・冷蔵庫・照明で使う電力が占めています。

つまり洗濯機や掃除機など、お母さんが家事で使っているものよりも、家族全員が使っている電化製品の節電を意識することが大切なのです。

  • 節電の具体的な方法

次に、具体的な節電方法を家族全員が知っておく必要があります。

まずテレビですが、省エネモードに設定します。さらに、画面の明るさも適切か確認しましょう。

ここまでは、基本的に努力なしでできるので簡単です。

しかし、いちばん節電につながるのは「必要なとき以外は消すこと」です。

お子さんの場合は18時〜21時というように、テレビ時間を決めてしまいましょう。

ダラダラと見てしまうと、睡眠の質にも影響します。

お父さんの場合はテレビをつけっぱなしで寝ていたり、インターネットをしながらテレビをつけていないか、見直してもらいましょう。

冷蔵庫の場合は、庫内の温度を中か弱に設定しましょう。

また、開ける時間を短縮することが重要なので、どこに何が入っているかがわかるように、冷蔵庫の前に貼っておくのもよいでしょう。

詰め込み過ぎはよくありません。庫内の温度が上がったり、探しづらくなってしまいます。

照明の場合は、思い切って照明器具を買い替えるのも手です。

リモコンで照度を調節できる省エネ型の照明器具は、節電できるうえに便利です。

また、電球型蛍光灯やLED電球に交換するだけでも節電になります。

そして何より、家族全員がこまめに照明を消すことを意識づけましょう。

  • 家族で節電にチャレンジ

家族を節電に巻き込むには、具体的な数値で節電ができたことを見せるのがオススメです。

去年よりも節電できたとわかると、人は頑張るものです。

表やグラフにして、家族みんなで楽しんでしまいましょう。

「電気代が10000円をきったら家族でUSJに行く」などのご褒美を設定するのもアリです。

節電は1人で頑張るだけではモチベーションも下がります。

家族みんなで協力して節電し、エコに貢献しましょう。

関連記事一覧

新電力急増中!200社に迫る

2016年の電力小売りの全面自由化をにらみ競争が本格化する。 大 ...
続きを読む→

家族みんなで電気料金をお得に・・・

毎年夏と冬になると、節電を呼びかけるポスターやCMなどをよく見かけます ...
続きを読む→

10月の電力量:原子力ゼロ?・・・

電気事業連合会が発表した10月の発受電電力量(速報)は、電力10社合計 ...
続きを読む→

水力発電所、再評価で出力増加

国内には古くから稼働を続ける大規模な水力発電所が数多くあり、長年のあい ...
続きを読む→

中国電力が西日本全域での電力・・・

「中国電、西日本全域で販売」――。2014年9月27日付け日本経済新聞 ...
続きを読む→

電力・ガス全社値上げへ?!

NHK NEWS web 12月26日 電力会社10社と大手都市 ...
続きを読む→

ドイツが電力の50%を風力発・・・

また1つドイツが再生可能エネルギーの記録を作った。 ドイツのシン ...
続きを読む→

電力各社、小売り自由化に向け・・・

電力各社が海外での事業展開を加速している。 電力業界は「内需型企 ...
続きを読む→

電気事業法改正案が今国会中に・・・

民主党の細野豪志幹事長は25日、政府が提出した、電力システム改革のため ...
続きを読む→

電力の「見える化」で節電が可・・・

 日本経済新聞ウェブ 2013/4/20 電力「見える化」や全番 ...
続きを読む→