エアコン・テレビ・冷蔵庫の電気料金をお得に節約!

2014年04月10日


  • 少しの見直しでも効果大エアコンの節電方法

エアコンの冷房温度は、目安を28℃に設定します。

1℃低くすると約10%電気消費量を減らせるとされており、ひと夏ではおよそ800円ほどの節約につながることになります。

そして部屋の温度を上げないためには、窓から入る日射を抑えて窓に熱を持たせないことが重要です。

そのため窓の外側によしずやすだれをかければ、直射日光を8割近くおさえることができます。

もちろん、エアコンのフィルターはこまめに掃除することも電気代を抑えるのに有効です。

また暑いと感じる時は、エアコンの設定を変えるよりも扇風機を使うと、体感温度を1℃ほど下げることができエアコンより電力消費面で有利です。

エアコンの室外機は、日陰を作り風通しを良くすることで、5~10%の節電になります。

  • 夏もそして年間通して電力消費の多い冷蔵庫の節電方法

まず、熱を放出している冷蔵庫は壁から2cmほど離して設置します。

そして、冷蔵庫の上下や背面などを掃除しておくことも、節電につながります。

冷蔵室内は整理してスッキリ保っておくことで、年間およそ1000円ほど電気代がお得になるとされています。

反対に、冷凍室は隙間なくギッシリ詰め込むようにします。

庫内を整理しておけば、夏場でも温度の設定は「中」で大丈夫です。

設定温度を「強」から「中」にすると6時間で約1円、年間では1500円ほどのお得になります。

  • 日常的に使うからこそ見直したいテレビの節電方法

テレビは画面の明るさ設定をまず見直します。

明るさが「最大」と「最小」で消費電力は倍違ってきます。

明るさは「標準」にしておくことが、おすすめです。「最大」と「標準」では、6時間で2円ほどの差につながります。

もちろん、テレビは見ない時には電源をoffにしておく習慣は大切です。

最近のテレビには、人の動きを察知して画面をoffにしたり、電源を切ったりする機能がついていたりするので、そのような機能を活かすのもひとつの方法になります。

関連記事一覧

J-POWER 火力発電所を・・・

J-POWER(電源開発)は1967年から広島県の竹原市で「竹原火力発 ...
続きを読む→

7.5兆円の電力自由化市場、・・・

2016年4月にスタートする電力の小売全面自由化を控え、新電力各社の取 ...
続きを読む→

電力各社、小売り自由化に向け・・・

電力各社が海外での事業展開を加速している。 電力業界は「内需型企 ...
続きを読む→

東京都の300施設、東京電力・・・

東京都は今秋をめどに、都の所有する約三百施設の電力契約先を東京電力から ...
続きを読む→

【法人向け】事務所や工場での・・・

今回は事務所や工場といった、法人向けの節電方法をご紹介します。 電気 ...
続きを読む→

九州電力が首都圏での電力小売・・・

九州電力が、首都圏での電力小売事業に参入する方針が固めたことが、30日 ...
続きを読む→

政府方針発表:2020年まで・・・

政府は2日、電気料金の完全自由化などを目指す電力制度改革の基本方針を閣 ...
続きを読む→

生活スタイルに合わせた電力プ・・・

家族の生活スタイルに合わせた料金プランにする 各電 ...
続きを読む→

【体験談】電気代を朝・夜安く・・・

電力会社のホームページを見てみると… 電気代の支払 ...
続きを読む→

電気料金をお得にする3つの方・・・

消費電力を抑える方法 はじめに節電の基本である消費 ...
続きを読む→