生活スタイルに合わせた電力プランと節電の見える化で電気料金をお得に!

2014年01月23日


  • 家族の生活スタイルに合わせた料金プランにする

各電力会社のプランにもよりますが、たいていは日中仕事などで留守になる家庭には朝や夜に電気料が割安になるものや、土日限定で電気料金が割安になるものなど、いくつかのプランが用意されています。

まずは自分の家庭がどのような生活スタイルなのか、家事などで電気を頻繁に使用する時間帯はいつなのかを明らかにして、その生活スタイルに合った料金プランにすると、電気料金をお得にすることができます。

電気会社のホ-ムペ-ジでシュミュレ-ションができるのでぜひ試してみるとよいでしょう。

またマンションなどの集合住宅では入居当時から契約アンペア数が既に設定されていることもあります。

アンペア数によって基本料金は大きく変わりますので、オ-ル電化でない限りは4人家族ならば30アンペアもあれば十分なので、

もし入居当時から40アンペアなどに設定されていたら、変更することで基本料金は安くなります。

  • 使用量の明細はファイルして常に節電の意識をする

毎月ポストに入れられる電気料金の明細は、捨てずにファイルしておきましょう。

金額だけでも家計簿などに転記して、一年間のいつが一番電気料金がかかるかなど把握しておくことで、節電意識も高まります。

そうした家計簿や電気料金の明細を数年間保管しておくことで、その年ごとの電気料金が比較でき便利です。

  • 電球はLEDもしくは消費電力の小さいものに変える

マンションなどではリビングや寝室などのメインの部屋以外のキッチン、廊下、洗面所などにはあらかじめ電気がつけられています。

こうした電球はほとんどはLEDなどの消費電力が少ないものではないので、高価なLEDとまでいかなくても、消費電力が少ない電球は今たくさん売られているので、ぜひ電球を取り換えるのをおすすめします。

キッチンや廊下によっては一つのスイッチでいくつも電球が点く場所もあるので、不要と判断できる電球は取り除くと節電になります。

また玄関などにある人感センサ―付の電気は、点いたり消えたりと消費電力がかさむので、まず昼間はオフにします。

そして夕方から夜と家族が帰宅するときだけオンにすると節電になります。

関連記事一覧

電力小売り完全自由化へ改正電・・・

家庭向けを含めた電力小売りを2016年に完全自由化する改正電気事業法が ...
続きを読む→

電力自由化、40%の人が知ら・・・

楽天リサーチは18日、夏の節電に関するアンケート調査を行い、結果を発表 ...
続きを読む→

2014年度の電力買取価格を・・・

経済産業省は2014年3月25日、2014年度の固定価格買い取り制度( ...
続きを読む→

東京都が切り替え!注目の新電・・・

東京都は10月におよそ300施設の電力の契約を、東京電力から、丸紅、エ ...
続きを読む→

電力2割削減:BEMS(ビル・・・

日本経済新聞電子版 2013/4/11 複数の建物のエネルギー消 ...
続きを読む→

昨年の夏の家庭の節電実績は…・・・

環境省は、2012年夏期の家庭における節電・CO2削減行動について、イ ...
続きを読む→

電力自由化EXPOが開催され・・・

2月25日から27日まで、東京都江東区の東京ビッグサイトで「電力自由化 ...
続きを読む→

ドイツが電力の50%を風力発・・・

また1つドイツが再生可能エネルギーの記録を作った。 ドイツのシン ...
続きを読む→

新電力ネットワーク構築へ、エ・・・

新電力の支援を手掛けるエナリスは2016年の電力小売り全面自由化に合わ ...
続きを読む→

政府方針発表:2020年まで・・・

政府は2日、電気料金の完全自由化などを目指す電力制度改革の基本方針を閣 ...
続きを読む→