電力自由化への3ステップ

2013年05月2日


  • 電力自由化が閣議決定

以前、政府方針発表: 2020年までに電力自由化という記事でも紹介しましたが、日本政府は2020年までに電力自由化を完了させることを閣議決定しました。

それでは、2020年の完全自由化まで、どのようなステップが踏まれるかをあなたはご存知でしょうか?

電力自由化にはいくつかステップがあり、政府は閣議決定の際にそのステップも政府方針として発表しています。

今回の記事では、電力自由化までの3ステップを紹介したいと思います。

 

  • 電力自由化への3ステップ

ステップ1: 2015年に全国区で需給計画を作成し、電力需給を広域で調整する認可法人を設ける。

需給計画を元に、調整が必要な場合には認可法人により電力需給を調整します。

認可法人には、地震等の災害などである地域の電力が不足した場合には、全国からの融通を指示する権限が与えられます。

 

ステップ2: 2016年に小売り参入を自由化する。

小売り参入の自由化により、家庭向け電力供給の地域別独占が無くなり、東京電力や関西電力などの電力会社の独占状態が崩れます。

現在、小売りが認められていない新電力(PPS・特定規模電気事業者)も小売りに参加することが出来るようになります。

 

ステップ3: 発送電の分離と料金規制の撤廃を行う。

送配電部門が電力会社と切り離され、利用がしやすくなります。

また、小売りの料金規制が撤廃されるため、競争原理により電気料金が安くなる可能性も考えられます。

 

以上の3ステップにより、2020年までに電力自由化が達成される予定です。

 

  • 電力自由化は電力事業の大変革

電力自由化は、1951年に現在の電力制度が出来てから初めての大転換といっても過言ではありません。

小売りの自由化や料金規制の撤廃により、地域独占が崩れ競争が活発になり、電力利用者は電力会社や料金メニューをたくさんの選択肢の中から自由に選べるようになります。

その時を迎えたときに混乱してしまわないように、今から情報を集めていきましょう。

 

関連記事一覧

生活スタイルに合わせた電力プ・・・

家族の生活スタイルに合わせた料金プランにする 各電 ...
続きを読む→

電力自由化、40%の人が知ら・・・

楽天リサーチは18日、夏の節電に関するアンケート調査を行い、結果を発表 ...
続きを読む→

新電力急増中!電力業界

経済産業省・資源エネルギー庁が15日発表した2013年度上期の総需要電 ...
続きを読む→

電力会社8社、2013年3月・・・

原子力発電所の停止で代替火力発電の費用が膨らみ、電力会社の経営を苦しめ ...
続きを読む→

電力自由化で「新電力」が直面・・・

日本経済新聞 2013/6/11 電気代をもっと安く――。 ...
続きを読む→

東京都の300施設、東京電力・・・

東京都は今秋をめどに、都の所有する約三百施設の電力契約先を東京電力から ...
続きを読む→

電力各社、小売り自由化に向け・・・

電力各社が海外での事業展開を加速している。 電力業界は「内需型企 ...
続きを読む→

J-POWER 火力発電所を・・・

J-POWER(電源開発)は1967年から広島県の竹原市で「竹原火力発 ...
続きを読む→

新電力ネットワーク構築へ、エ・・・

新電力の支援を手掛けるエナリスは2016年の電力小売り全面自由化に合わ ...
続きを読む→