電力各社、小売り自由化に向けて海外進出へ 

2013年05月6日


電力各社が海外での事業展開を加速している。

電力業界は「内需型企業」の代表格だが、福島第1原発事故で事業環境が一変。

日本の電力市場が今後、小売り全面自由化などを通じて競争環境が厳しくなることをにらみ、海外事業での収益基盤強化に動く格好だ。

各社はこれまでに培った再生可能エネルギーや環境、送配電分野の技術やノウハウを新興国を中心に売り込みを図っている。

2013/4/30 MSN産経ニュース

  • 電力会社各社、電力自由化をにらみ海外進出へ

電力会社各社が海外進出を強化し、内需に依存している現状を変えていこうと試みているようです。

電力事業は典型的な内需型事業でしたが、福島原発での事故や電力自由化による小売りの自由化によって、内需の競争環境が厳しくなることが見込まれます。

そのため、海外に収益基盤を作ることによって、環境の変化に対応していこうと考えているようです。

電力自由化は電力業界にとってとても大きな変革となるので、各社とも対応を迫られているといったところでしょうか。引き続きウォッチして行きましょう。

 

関連記事一覧

石炭火力発電の効率を上げると・・・

 スマートジャパン 2013年04月16日 石炭は資源量が400 ...
続きを読む→

昨年の夏の家庭の節電実績は…・・・

環境省は、2012年夏期の家庭における節電・CO2削減行動について、イ ...
続きを読む→

電力自由化の第一ステップ「広・・・

これから電力市場を改革するためのプロセスが3段階で進んでいく。 ...
続きを読む→

電気事業法改正案が今国会中に・・・

民主党の細野豪志幹事長は25日、政府が提出した、電力システム改革のため ...
続きを読む→

東京都知事、公営発電の売電の・・・

東京都の猪瀬知事は15日、首都圏の知事や政令指定都市の市長が参加した「 ...
続きを読む→

2014年度の電力買取価格を・・・

経済産業省は2014年3月25日、2014年度の固定価格買い取り制度( ...
続きを読む→

電力自由化、40%の人が知ら・・・

楽天リサーチは18日、夏の節電に関するアンケート調査を行い、結果を発表 ...
続きを読む→

【体験談】電気代を朝・夜安く・・・

電力会社のホームページを見てみると… 電気代の支払 ...
続きを読む→