電気料金が割安に!?マンション向け電力一括受電サービス

2013年04月21日


ジュピターテレコム(J:COM)は2013年4月18日、電気料金が割安となるマンション向け電力一括受電サービス「J:COM電力」の提供を関東1都5県(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県)のJ:COMエリアで同日に開始すると発表した。70世帯以上の規模の建物が対象である。

J:COMは、住友商事グループの国内電力事業会社であるサミットエナジーから電力の供給を受ける形で、2012年12月に東京都杉並区の一部マンションで電力提供サービスを開始していた。J:COMがマンション単位で一括契約を締結することで、マンション居住者は従来の電力会社と契約するよりも安く電力を利用できる。J:COMの放送・通信サービス(ケーブルテレビ、高速インターネット接続)とセットで契約すると、電気料金が更に割安となる。

J:COMは中期事業計画で発表した「J:COM Everywhere」構想のもと、放送・通信サービスを核にして、地域の利用者の生活に役立つ様々なサービスをワンストップで提供する方針を示していた。J:COM電力の提供は、その一環である。

2013/4/18 日経ニューメディア

  • 電力一括受電サービス開始

ケーブルTV事業とメディア事業を展開する総合メディアカンパニーのJ:COMが、マンション向け電力一括受電サービスの提供を開始すると発表しました。

この電力一括受電サービスはマンションのオーナーや管理者向けのサービスで、マンション全体で利用する電力をJ:COMが電力会社から一括購入することで、入居者に地域電力会社より安く電気を利用してもらえるようにするサービスです。

サービスは関東の一部地域で行われるようです。

 

  • その他サービスとの併用で更にお得に

また、J:COMが行っている他の放送・通信サービスとセットで契約することで、電気料金が更にお得になるセットもあるそうです。

 

このような電力一括受電サービスは個別に地域電力会社から電力を購入するよりもスケールが効きますでの、今後拡大していくと思います。

引っ越しでマンションや部屋を選択するときは、このような観点も持って部屋選びをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

電力会社8社、2013年3月・・・

原子力発電所の停止で代替火力発電の費用が膨らみ、電力会社の経営を苦しめ ...
続きを読む→

メガソーラー建設へ 神奈川県

神奈川県は東日本大震災以降、「かながわスマートエネルギー構想」を立ち上 ...
続きを読む→

東京電力「新料金プラン」で電・・・

東京電力の新料金メニューには、電力小売りの全面自由化後に起こる業種や地 ...
続きを読む→

丸紅、F-Power子会社買・・・

丸紅は10日、新会社「丸紅電力」を設立し、火力発電事業に参入したと発表 ...
続きを読む→

九州電力が首都圏での電力小売・・・

九州電力が、首都圏での電力小売事業に参入する方針が固めたことが、30日 ...
続きを読む→

電気料金をお得にする3つの方・・・

消費電力を抑える方法 はじめに節電の基本である消費 ...
続きを読む→

10月の電力量:原子力ゼロ?・・・

電気事業連合会が発表した10月の発受電電力量(速報)は、電力10社合計 ...
続きを読む→

「ガス」自由化も?電力自由化・・・

様々な事業者の参入を促し供給力を高め、競争を通じて割高な料金を下げる。 ...
続きを読む→

すぐ出来る!アンペア数の変更・・・

契約しているアンペアを落とす 一番手っ取り早く、か ...
続きを読む→

電力各社、小売り自由化に向け・・・

電力各社が海外での事業展開を加速している。 電力業界は「内需型企 ...
続きを読む→