J-POWER 火力発電所を刷新でCO2排出量削減

2013年05月21日


J-POWER(電源開発)は1967年から広島県の竹原市で「竹原火力発電所」を運営してきた。

現在は1号機~3号機が石炭を燃料にして発電を続けているが、最も古い1号機は運転開始から46年を経過した。

CO2排出量の問題もあり、2号機と合わせて新型に更新する。

2013/5/17 スマートジャパン

  • J-POWER(電源開発)が火力発電所を刷新

J-POWERが運転開始から46年経過した、広島県の竹原火力発電所の更新を決めました。

刷新する発電機には、各種の最新技術が採用されることになっており、発電効率やCO2排出量の削減率を高めることができるようです。

2014年6月から工事を開始し、2020年9月から営業運転に移行する計画だそうです。

 

  • 火力発電所刷新の効果は?

この刷新により、CO2排出量を10%以上削減することが期待されており、硫黄酸化物や窒素酸化物といった排出量も大幅に減少する見込みが立てられています。

環境に負荷が大きいと言われる火力発電ですが、最新の設備を導入することにより、大幅な環境負荷減を達成することができるようですね。

 

  • J-POWER(電源開発)とは?

今回登場した、J-POWER(電源開発)とは、どのような会社なのでしょうか。

J-POWER(電源開発)は卸電気事業者の1つで、他種の電気事業者とは少し違った特徴があります。

卸電気事業者とは、一般電気事業者に電力を供給している事業者のうち、供給する電力が経済産業省令で定める要件(発電出力合計200万kW超等)に該当するものをいいます。

つまり、東京電力や関西電力などの電力会社(一般電気事業者)に電気を売る、規模の大きな事業者ということですね。

電気事業者の違いについては、電気事業者一覧で解説しているので、こちらもご覧ください。

 

これらの事業者には積極的に発電効率等を高めていって貰いたいですね。

 

関連記事一覧

トヨタやホンダが「電力会社」・・・

昨年9月の東京電力による電気料金値上げに続き、関西電力、九州電力は今年 ...
続きを読む→

電力2割削減:BEMS(ビル・・・

日本経済新聞電子版 2013/4/11 複数の建物のエネルギー消 ...
続きを読む→

東京都の300施設、東京電力・・・

東京都は今秋をめどに、都の所有する約三百施設の電力契約先を東京電力から ...
続きを読む→

電力の「見える化」で節電が可・・・

 日本経済新聞ウェブ 2013/4/20 電力「見える化」や全番 ...
続きを読む→

【体験談】電気代を朝・夜安く・・・

電力会社のホームページを見てみると… 電気代の支払 ...
続きを読む→

新電力ネットワーク構築へ、エ・・・

新電力の支援を手掛けるエナリスは2016年の電力小売り全面自由化に合わ ...
続きを読む→

電力会社9社株主総会、東京電・・・

東京電力や関西電力などの電力会社9社は26日、定時株主総会を開催した。 ...
続きを読む→

電力自由化で「新電力」が直面・・・

日本経済新聞 2013/6/11 電気代をもっと安く――。 ...
続きを読む→

九州電力が首都圏での電力小売・・・

九州電力が、首都圏での電力小売事業に参入する方針が固めたことが、30日 ...
続きを読む→

ドイツが電力の50%を風力発・・・

また1つドイツが再生可能エネルギーの記録を作った。 ドイツのシン ...
続きを読む→