電力の「見える化」で節電が可能に?

2013年04月22日


 日本経済新聞ウェブ 2013/4/20

電力「見える化」や全番組録画…ベンチャー企業が成果を披露

1社めは、機器単位で小規模な電力管理を可能にする「Energy Literacy Platform」(ELP)を提供するSassor(サッソー)。

ELPは、機器とコンセントの間に挟む計測器、あるいは分電盤に設置するタイプの計測器を用いて、Webサイト上で消費電力を「見える化」する。

同社代表取締役の石橋秀一氏は、分電盤に同社の製品を配備して支払い金額を抑えた飲食店の事例などを紹介した。

  • 「見える化」とは?

ビジネスの文脈でよく聞く「見える化」。きちんとした定義は無いようですが

「今まできちんと見ること・測定することが出来なかったようなことを見られるように・測定できるようにすることで、物事の改善に役立てる」

というような意味で使われることが多いようです。

例えば、ある製品を作るそれぞれの工程にかかる時間を「見える化」することで、どの工程により時間がかかっており、改善すべき工程はどこなのか、と判断できるようにすることを言います。

 

  • 電力の「見える化」

では、電力の「見える化」とはどういうことなのでしょうか。

上記で紹介したSassorが提供するELPでは、機器単位での小規模な電力管理が可能となっています。

つまり、家にある各電気製品が、どの程度電力を使用しているかが分かるようになるということです。

節電効率はもちろんのこと、節電へのやる気も上がりそうですね。

このようなベンチャー企業のテクノロジーも節電のために役立つことがあるようです。

関連記事一覧

新電力急増中!200社に迫る

2016年の電力小売りの全面自由化をにらみ競争が本格化する。 大 ...
続きを読む→

「ガス」自由化も?電力自由化・・・

様々な事業者の参入を促し供給力を高め、競争を通じて割高な料金を下げる。 ...
続きを読む→

立地交付金見直しで新電力も対・・・

茂木敏充経済産業相は5日の衆院経済産業委員会で、発電所の立地自治体に交 ...
続きを読む→

PPS・特定規模電気事業者は・・・

zakzak 2013.04.28 最終的に「発送電分離」を目指 ...
続きを読む→

水力発電所、再評価で出力増加

国内には古くから稼働を続ける大規模な水力発電所が数多くあり、長年のあい ...
続きを読む→

電力自由化の第一ステップ「広・・・

これから電力市場を改革するためのプロセスが3段階で進んでいく。 ...
続きを読む→

電気事業法改正案は次期国会へ・・・

自民党の佐藤勉国対委員長代理は6日の記者会見で、電力システム改革に向け ...
続きを読む→

ドイツが電力の50%を風力発・・・

また1つドイツが再生可能エネルギーの記録を作った。 ドイツのシン ...
続きを読む→

スマートメーターの設置が進む・・・

全国で8000万以上の家庭や企業にスマートメーターを導入する計画が着々 ...
続きを読む→

メガソーラー開発着手へ 総合・・・

丸紅は北海道東部の4カ所に合計3MWのメガソーラーを立ち上げると発表し ...
続きを読む→