電力会社電灯電力販売量比較

電力会社比較

電力会社の電灯電力販売量を比較しよう!

現在国内に10社ある電力会社ですが、そのそれぞれにおいて、電灯電力販売量とその割合が異なります。

電力自由化により電力会社が自由に選べるようになった時のことを考えて、今のうちから電力各社間の電灯電力販売量の違いを勉強しておきましょう!

電灯と電力の違いは?

比較に入る前に、電灯と電力の違いを整理しておきましょう。皆さんは、ご存知ですか?

電灯と電力の違いは、詳細に説明しようとすれば様々な違いがあるのですが、わかりやすく簡単に言うと「民生用の電気」か「産業用の電気」かという違いになります。

一般的に、電力は電灯よりも産業保護のために安価に設定されています。

電灯電力販売量の比較

それでは、各電力会社の電灯電力販売量を比較してみましょう。

電力会社電灯電力販売量比較

電力会社電灯電力販売量比較

販売量の合計は東京電力が1位、関西電力が2位という結果になりました。

契約口数と売上高の比較を見て頂ければわかりますが、契約口数と売上高も東京電力と関西電力が1位2位ですから、当然の結果といえるかもしれません。

それでは、電灯と電力の比率はどうなっているのでしょうか?

電力会社電灯電力販売量比較(積み上げ)

電力会社電灯電力販売量比較(積み上げ)

電灯と電力販売量の比率を見て見るために、一つ目のグラフを100%積み上げのグラフに変更してみました。

電灯販売量の比率が一番多いのは沖縄電力となっています。これは、他の電力会社と比べると沖縄電力は産業用よりも民生用の電力が多く販売していることを示しています。

逆に、電力販売量の比率が一番高いのは、中部電力となっています。中部には世界有数の自動車メーカーであるトヨタ株式会社がありますが、このことも産業用の電力の比率を高めている要因かもしれませんね。

電力会社比較

比較電力.comでは、様々な切り口で電力会社を比較しています。これらも合わせてご覧ください。

電気料金・電気料金プラン比較

電気料金比較

電気料金プラン・メニュー比較

電力会社企業状況比較

電力会社決算比較

資本金・総資産比較

契約口数・売上高比較

従業員数比較

電灯電力販売電力量比較

電力喪失率比較

電力会社発電比較

発電方法・設備比較

水力発電比較

火力発電比較

原子力発電比較

コンバインドサイクル発電比較

地熱発電比較

※これらのコンテンツは、電気事業連合会の発行している電気事業のデータベース(INFOBASE)の情報を元に作成しています。